私たちはどうかしているネタバレ!椿は誰の子で七桜とは異母兄弟?

 
私たちはどうかしている ネタバレ 椿 誰の子 七桜 異母兄弟

「私たちはどうかしている」で幼い頃の椿はとても明るくて人懐っこい印象なのですが、成長してなんだか別人のようなんですよね。

 

父が殺されて、大旦那や女将にもあまり愛情を注がれていなかったようなので、ちょっと冷たい感じになったのかななんて思います。

 

椿は幼い頃から高月家の血を引いていないのではと噂されているようなのですが、椿はいったい誰の子なのでしょうか?

 

もしかして七桜と異母兄弟だったりとか?

 

「私たちはどうかしている」で椿は誰の子なのかについてご紹介しますね!

 

ネタバレを含みますのでご注意ください!

 

私たちはどうかしているネタバレ!椿と七桜は異母兄弟?

 

光月庵の一人息子の椿は亡くなった先代当主の樹と女将の今日子の子供です。

 

でも幼い頃から樹に似ていない、樹の子ではないのではないかとのうわさがあったようです。

 

実際、大旦那には女将が他の男との間に出来た子だとずっと言われてきているんです。

 

樹も椿のことを自分の子だと言っているんですよね。

 

実は樹は七桜の母と不倫していたんです!

 

樹が亡くなった日に椿は樹と七桜の母がキスしているところを見てしまったんです。

 

自分の父が母以外の人とキスしているなんて、きっと椿はショックだったに違いありません。

 

樹と七桜の母が恋仲であるとなると七桜の父は樹で椿とは異母兄弟の可能性もあるのかもなんて・・・?

 

七桜の母は亡くなる前に七桜と樹のDNA鑑定をしていたんです。

 

あわせて椿と樹のDNA鑑定もしていました。

 

もしかしたら仲の良い椿と七桜の姿を見て、2人に血のつながりがあるのかということを証明しておきたかったのかもしれませんね。

 

DNA鑑定の結果は七桜は樹の実の子で、椿と樹には血のつながりがないというもの。

 

七桜と椿が結ばれて欲しいと思っている私にとってはうれしいようななんだか複雑な気持ちです。

 

スポンサーリンク

わたしたちはどうかしているネタバレ!椿は誰の子?

 

樹が愛した人はたった一人七桜の母だけで、女将である今日子とは政略結婚だったのです。

 

今日子は樹を愛していたようですが、樹が今日子を愛することはなく、一度も体の関係も持ったことがないんだとか・・・。

 

それでは樹と女将との間に子供が生まれるわけがないですね。

 

それでも樹が椿を自分の子だと言っていたのは光月庵の跡取りが必要だったからなのでしょうか。

 

愛する人に愛してもらえないなんてそういう点だけは女将がかわいそうな気がします。

 

女将の嫌がらせがひどすぎてあまり同情はできないですが!

 

じゃあいったい椿は誰の子なのか?

 

女将の不倫の相手は多喜川薫の父なんです!つまり椿と多喜川薫は異母兄弟にあたります。

 

多喜川薫は自分の家庭をめちゃくちゃにした女将を恨んでいるんですよね・・・だから色々と七桜を助けているようです。

 

多喜川薫については私たちはどうかしている1話ネタバレ!謎の男の正体は?をぜひ読んでみてくださいね!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

七桜が樹の本当の子供で椿は樹の子供ではなかったなんて少し驚きました。

 

七桜は素性を隠して光月庵にいるわけだし、人間関係が複雑すぎて混乱してしまいます。

 

椿と多喜川薫が異母兄弟だったことには驚いたのですが、多喜川薫はなんだかいつもタイミングが良すぎて逆に怖いんですよね・・・。

 

「私たちはどうかしている」は謎が多すぎて続きがとても気になります!

 

私たちはどうかしているに関する記事をまとめています。

気になる記事がありましたら、ぜひ見てみてください!

私たちはどうかしているの記事まとめ

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.