わたどう和菓子屋のロケ地の店はどこ?おすすめ商品は?

2020/09/04
 

私たちはどうかしている(わたどう)は、老舗和菓子屋を舞台にしたラブミステリーです。

 

SNS上では、老舗和菓子屋「光月庵(こうげつあん)」のロケ地の店はどこなのか話題になっていますね。

 

またロケ地のお店のおすすめ商品も気になります、調べてみました。

 

私たちはどうかしている「光月庵」のロケ地の店はどこ?

 

老舗和菓子屋「光月庵」は創業400年の歴史を持つ伝統的お店です。

 

そんな「光月庵」ですが、店構えの撮影をしたロケ地が気になりますね.

 

ネット上を調べていくと、山梨県の北杜市白州町にある「台ケ原金精軒」本店(台ケ原店)の「金精軒(きんせいけん)」さんだということが分かりました。

 

 

ちなみに「金精軒(きんせいけん)」さんは明治35年6月創業です。

 

2020年、100年以上も営業をされています。

 

でもって「光月庵」はこちらですよね。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】私たちはどうかしている(@watadou_ntv)がシェアした投稿

 

かなり大きい看板ですから、看板の掛け替え大変そうですね。

 

ロケ地となった「金精軒」さんですが、かつての甲州街道の旅籠屋(はたごや)を改装し創業しました

 

以来、地産地消で今日まで台ヶ原の地で営業されています。

 

旅籠屋(はたごや)を改装したこともあり、外観に魅了される人が後を絶たず、多くの人が訪れているようですね。

 

金精軒」さんは、安全な和菓子作りを第一に考え、防腐剤、人工甘味料を一切使わず和菓子を製造されているそうです。

 

金精軒」さんの場所はこちら。

 

 

山梨県北杜市白州町台ケ原2211にあります。

 

定休日は木曜日で、営業時間は9時~18時になっていますね。

 

また公式Twitter、Facebookは次の通り。

 

twitter「@kinseiken_jp」・公式サイト「金精軒」・Facebook「金精軒製菓株式会社

 

ちなみに「金精軒」さんの内観は、「光月庵」とは違います。

 

外観のみの撮影に使ったようです。

 

内観については、セットか違う建物で撮影されたのでしょう。

 

内観についてもわかり次第、記載させていただきます。

 

金精軒のおすすめは?

 

「金精軒」さんのおすすめは、「水信玄餅」になります。

 

 

賞味期限が30分、通販お取り寄せは出来ないですね!

 

是非、足が運べれるようになったら現地で思う存分、食べてみましょう。

 

 

 

まとめ

 

私たちはどうかしている「和菓子屋」のロケ地の店は山梨県北杜市白州町台ケ原の「台ケ原金精軒」本店(台ケ原店)でした。

 

撮影するために、あの重くて大きな看板を付け替えたようですね。大変だったことでしょう。

 

ちなみに外観のみの撮影だったようで、内観はスタジオセットか別の場所のようですね。

 

ロケ地の場所がわかったのでスッキリしましたが、「金精軒」さんの「水信玄餅」が食べたくなってしまいました!

 

今は中々でかけれませんが、是非食べたいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

私たちはどうかしているに関する記事をまとめています。

気になる記事がありましたら、ぜひ見てみてください!

私たちはどうかしているの記事まとめ

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.