【わたしの幸せな結婚】登場人物やあらすじのご紹介!

2020/07/15
 
わたしの幸せな結婚 登場人物 あらすじ

私が最近ハマっている漫画「わたしの幸せな結婚」の登場人物やあらすじをご紹介します。

 

登場人物が増えてくるとこの人って誰だっけ?と思うことがあって、前の話を読み返したりとかありますよね。

 

あまり登場回数が少ない人物だと本当に探し出すのが大変で・・・。

 

「わたしの幸せな結婚」の登場人物やあらすじをまとめてみましたので、最後まで読んでいただけるとうれしいです。

 

わたしの幸せな結婚のあらすじのご紹介

 

斎森美世は歴史ある名家の長女として生まれました。

 

父と母は異能の血を濃くするための政略結婚で、美世が生まれたばかりの頃は父も母もかわいがってくれていました。

 

しかし、美世の母は美世がまだ幼い頃に亡くなってしまいます。

 

父はかつての恋人と再婚、継母は自分たちの仲を引き裂いた美世の母を恨んでいて、美世のことも快く思っていません。

 

しかも美世には異能がないために斎森家でひどい扱いを受けていました。

 

まるでシンデレラのようなお話で、「わたしの幸せな結婚」は和風シンデレラストーリーと呼ばれています。

 

絵もとても素敵で、ぜひストーリーと共に楽しんで欲しいと思います。

 

 

スポンサーリンク

わたしの幸せな結婚の登場人物のご紹介

 

「わたしの幸せな結婚」に出てくる登場人物をご紹介しますね!

 

登場人物が多くなってくるとこの人誰だったかな、どこで出てきたかなと探すことも多いので私の備忘録だったりします・・・。

 

登場人物はストーリーが進むにつれ追記していきますが、転記を間違っていたらごめんなさい!その時はご指摘いただけるとうれしいです。

 

斎森家

 

斎森 美世

斎森家の長女、異能を持たずに生まれ、ひどい扱いを受けてきた。

 

斎森 香耶

美世の異母妹、見鬼の才という異能を持っている。

 

斎森 真一

美世の父、政略結婚のためか継母に負い目がある。

 

斎森 香乃子

美世の継母、美世に冷たくあたる。

 

斎森 澄美

美世が幼い時に亡くなった美世の母。

 

斎森家の使用人で美世の唯一の味方だったが、解雇された。

 

辰石家

 

辰石 幸次

美世と香耶の幼なじみで、美世の唯一の味方で美世の初恋の相手。(幸次の初恋の相手は美世)

 

辰石 実

幸次の父で辰石家の当主で美世を辰石の嫁に欲しがっている。

 

辰石 一志

幸次の兄で幸次よりも異能が使える。

 

久堂家

 

久堂 清霞

美世の婚約相手。冷徹無慈悲と有名だが・・・。

 

ゆり江

久堂家の使用人で美世を何かと気にかけてくれる。

 

帝国陸軍本部

 

五道

清霞が一目置いている異能の持ち主。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

「わたしの幸せな結婚」の登場人物やあらすじをご紹介しました。

 

斎森家でとてもひどい扱いを受けて育った美世、冷徹無慈悲と有名な清霞に嫁げと言われて、どんなに絶望したか・・・。

 

でもどうやら清霞は冷徹無慈悲ではないようですよ!

 

清霞と美世は次第に惹かれあうようですが、一筋縄ではいかないようで色々事件が巻き起こりそうです。

 

絵もとても素敵なので、ストーリーと共に楽しんでくださいね!

 

わたしの幸せな結婚に関する記事をまとめています。

気になる記事がありましたら、ぜひ見てみてください!

わたしの幸せな結婚の記事まとめ

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.