私たちはどうかしている3巻ネタバレ!七桜の素性を知った女将

 
私たちはどうかしている 3巻 ネタバレ 七桜 素性 女将

「私たちはどうかしている」2巻では女将の陰謀により、失った白藤屋の信頼を取り戻すことに成功した七桜と椿。

 

ですが、七桜の存在は認められたわけではないようなんです。

 

女将は七桜のことを調べているようですし・・・。

 

「私たちはどうかしている」3巻のネタバレをご紹介しますね!

 

私たちはどうかしている3巻ネタバレ!七桜と椿

 

大旦那に偽りの花嫁と言われた七桜はその日から椿と同じ部屋で過ごすことになります。

 

椿から幼い頃に出会った「さくら」の話を聞き椿も七桜を覚えていたことをうれしく思いますが、「さくら」を父を殺した母の娘ということで憎んでいることを知ります。

 

お互いに初恋なのに、こんな形で憎みあうなんてなんだかつらいですね・・・。

 

15年前、椿の証言で七桜の母は犯人にされてしまいました。

 

もちろん七桜は母が犯人だとは信じていません。

 

椿には今さくらが目の前に現れたら消えてもらうなんて言われてしまい、七桜が「さくら」であることを知られてはいけないと思う七桜なのでした。

 

スポンサーリンク

私たちはどうかしている3巻ネタバレ!女将が七桜の素性を調査

 

七桜と椿の結婚を反対している女将は七桜の素性を調査して、七桜が大倉七桜だということを突き止めました。

 

七桜は女将に赤い着物を着せられ、絶体絶命の大ピンチ!

 

七桜は15年前に椿の父が倒れているところを見てしまい、それ以来赤を見ると動悸がするんですよね・・・。

 

そんな中七桜の母だという女性が現れ、ピンチを脱することが出来たのです。

 

この女性実は謎の男、多喜川薫に頼まれたんだそうですが、、そんな都合の良いタイミングで普通は現れたりしないですよね。

 

謎の男については私たちはどうかしている1話ネタバレ!謎の男の正体は?をぜひ読んでみてくださいね!

 

多喜川薫は七桜をいつも助けてくれますが、まるで見ていたかのようなタイミングで本当に驚くんですよね。

 

だれか光月庵の従業員にでも探りを入れてもらっているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

私たちはどうかしている3巻ネタバレ!七桜が命を狙われる

 

七桜は女将に素性を知られたことで、椿が七桜を疑い部屋に閉じ込められてしまいます。

 

七桜の母だと助けてくれた女性に話を聞きに行きたいと思っていたので何とか部屋から脱出したのですが、七桜を狙った花瓶が頭上から落ちてきます。

 

しかし椿が七桜をかばってくれたことで七桜は無事でしたが、椿が手をけがしてしまいます。

 

実は椿は女将から七桜を守るために七桜を部屋に閉じ込めたのでした。

 

これはやっぱり椿の愛情表現なのでしょうね!椿は七桜に惹かれているようですし。

 

椿は何度も女将から七桜を守るんですよね。

 

こうなると椿と七桜がお互いに惹かれないわけがない!もともとお互いに初恋だったわけですし!

 

でもやっぱりそこには椿の父の事件が大きく立ちはだかっていて・・・。

 

椿はさくらの母が父を殺したと思っているし、七桜は母が殺したとは信じていないし・・・。

 

この2人結ばれないのですかね・・・。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

女将に素性を知られた七桜がどんどん追い詰められていくのでとてもハラハラさせられます。

 

椿は七桜のことをさくらなのかもしれないと思っているようですが、それでも七桜をなんども女将から守っているんですよね。

 

それは七桜と結婚するという表向きの理由からだけじゃなくて七桜に惹かれているからだと思うのですが、それぞれの思惑がからみあって複雑すぎます。

 

15年前の椿の父の事件の真相が早くわかると良いのですが・・・。

 

私たちはどうかしているに関する記事をまとめています。

気になる記事がありましたら、ぜひ見てみてください!

私たちはどうかしているの記事まとめ

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.