高野山の町石道を掘削したのは誰で名前や顔画像は?犯行動機や目的は何?

 

世界遺産「高野山」の国史跡の参道「高野参詣道町石道(ちょういしみち)」の一部が掘削されてしまいました。

 

掘削したのは誰で名前や顔画像はネット上にあるか探してみました。

 

また、犯行動機や目的は何だったのか、現在明らかになっている情報をまとめています。

 

犯行動機や目的は何?

 

80代男性は「水が道にたまらず谷側に流れるように溝を作っている。みんなのためにやっている」と答えたそうです。

 

驚きの一言だけですね。

 

現在80代男性は、和歌山県かつらぎ町から文化財保護法違反容疑で、かつらぎ署へ告発され受理されています。

 

新しい情報が入り次第、追記させていただきます。

 

スポンサーリンク

和歌山県伊都郡かつらぎ町の場所は?

 

かつらぎ町の場所になります。

 

 

スポンサーリンク

高野山の町石道の掘削された場所や箇所数は?

引用元「ツイッター」

 

引用元「ツイッター」

 

 

掘削されている箇所は、世界遺産「高野山」を構成する国史跡の参道「高野参詣道町石道」内の約2キロの範囲の12カ所。

 

1カ所につき複数本、道を横切る形などで掘られているようです。

 

詳しい場所については、報じられていません。

 

スポンサーリンク

高野山の町石道を掘削が発覚したのはなぜ?

 

5月上旬、登山をしていた男性が、農機具で土を掘る80代男を見かけ、「何をしているのか」と声を掛けた模様。

 

それ以外にも目撃者がいたのでしょう。

 

5月21日に和歌山県かつらぎ町に情報が寄せられて発覚します。

 

スポンサーリンク

高野山の町石道を掘削したのは誰で名前や顔画像は?

 

6月18日現在報道されている内容では以下の通り。

 

  • 住所   和歌山県北部
  • 性別   男性
  • 年齢   80代
  • 名前   不明

 

犯人は特定されていますが、現在は名前や顔画像など公表されていません。

 

今後、明らかになってくると考えられます。

 

新しい情報が入り次第、追記させていただきます。

 

高野山の町石道を掘削についてへの世間の声

 

 

調査中

 

まとめ

 

高野山の町石道を掘削したのは誰で名前や顔画像は?犯行動機や目的は何?についてお伝えしました。

 

9世紀ごろからせっかく残っていたもの・・・。

 

町は今後、県教委や文化庁とも協議し、現場を復旧する方針だそうです、ただし山奥にあるため重機の使用が難しく、人力で進めることになり、完全復旧の時期は未定とのことです。

 

80歳の男性の考えが全く理解できません。残念です。

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.