八千草薫の死因の理由は病気なぜ?告別式やお別れ会の日程を調査してみた!

 
八千草薫 死因 理由 病気 なぜ 告別式 お別れ会 日程 調査

 

八千草薫さんが2019年10月24日に88歳でお亡くなりになられました。

 

謹んで御冥福をお祈り申し上げます。

 

八千草薫さんの簡単な経歴や告別式、お別れ会の情報など、さらに世間の声を集めてみました。

 

八千草薫のプロフィール!経歴などを調査してみました

 

八千草薫さんのプロフィール
名前    八千草 薫(やちぐさ かおる)
本名    松田 瞳(まつだ ひとみ)
生年月日  1931年1月6日
没年月日      2019年10月24日(88歳没)
出身地   大阪府
身長    154cm(公称)
愛称    ヒトミ、ヒトミちゃん

 

八千草薫さんは戦前生まれで幼少期に父親を亡くしており、空襲などで自宅を無くし、母親と二人で戦時中を生き抜いてきました。

 

八千草薫さんは必死に少女時代を生き抜いてきたんですね。

 

いつの日か、八千草薫さんはお母さんも自分もいつも笑顔でいられる世界を目指したことでしょう。

 

八千草薫さんは聖泉高等女学校(現:プール学院中学校・高等学校)在学中に宝塚音楽学校に合格します。

 

戦後の1947年、八千草薫さんは心から願っていた夢の世界への一歩である宝塚歌劇団入団します

 

入団当初は、コミカルな役回りで演技に磨きをかけていたそうです。

 

想像つきませんよね、おしとやかにしか見えません。

 

1952年に「源氏物語」で素晴らしい演技が世に認められ人気が出ます。

 

その後は宝塚歌劇団で不動の地位を獲得していきます。

 

さらに宝塚時代、八千草薫さんは絶大な人気があり、お嫁さんにしたい有名人ではトップに輝いていたんです!

 

やがて東宝映画などへも出演し、芸能界へと歩み始めます。

 

1957年5月31日に八千草薫さんは意を決して宝塚歌劇団を退団し、芸能界の世界で役者として生き抜いていくことを決めたんですね。

 

八千草薫さんは、それ以降様々な映画やテレビドラマ、舞台で活躍していきます。

 

さらに声優もされていますね。

 

たくさんの映画やドラマ、舞台に立ったことで多くの人に幸せと笑顔を伝えたことが認められたのでしょう。

 

八千草薫さんは数々の受賞をされています。

 

1965年:第12回アジア映画祭助演女優賞

1977年:テレビ大賞主演女優賞『岸辺のアルバム』

1986年:菊田一夫演劇賞『女系家族』『エドの舞踏会』

1987年:都民文化栄誉章

1991年:NHK放送文化賞

1995年:文化庁長官表彰

1997年:紫綬褒章

2003年:旭日小綬章(秋)

2003年:第16回日刊スポーツ映画大賞助演女優賞

2004年:第27回日本アカデミー賞「優秀助演女優賞」『阿修羅のごとく』

2004年:第58回毎日映画コンクール「田中絹代賞」

2006年:第17回日本ジュエリーベストドレッサー賞(60代以上部門)

2009年:第64回毎日映画コンクール女優助演賞

2009年:第34回報知映画賞助演女優賞

2009年:第1回TAMA映画賞特別賞

2009年:第33回山路ふみ子映画賞・映画功労賞

2010年:第19回日本映画批評家大賞助演女優賞

2015年:名誉都民

2017年:第40回日本アカデミー賞 会長功労賞 

引用元:ウィキペディア

 

たくさんの作品に出演され年齢を重ねてきた八千草薫さん。

 

2017年末に膵臓にがんが発見されます。

 

当初八千草薫さんは、ぜったい治ると信じて2018年1月に手術を受けたんですね。

 

そして、術後は体も良好になり、ドラマ収録や舞台「黄昏」で主演出演もされました。

 

スポンサーリンク

八千草薫の死因の理由は病気なぜ?

 

八千草薫さんは、2017年に膵臓にがんが見つかり、手術を行っていました。

 

術後は体調も回復してきたのでしょう、ドラマや舞台に出演されるなど女優として活躍されていました。

 

しかし2019年に入ってから、肝臓にがんが見つかったんですね。

 

八千草薫さん本人は、今度も大丈夫と信じて女優業を休業し治療に専念することにしたんですね。

 

しかし、病魔には勝つことは出来なかったようです。

 

八千草薫さんの死因の理由は、肝臓がんによるものでした。

 

なぜって思ってしまいますよね、膵臓がんを治療した時に回復していたのにって思いますよね。

 

がんは不治の病(治らない病気)といわれます。

 

これだけ医療技術が進歩したにもかかわらず悲しい限りです。

 

スポンサーリンク

八千草薫の最後

 

10月24日午前6時ごろには朝の検診で看護士の方へ「変わったことは特にないわ」と穏やかに答えられていた八千草薫さん。

 

その日も治療に向けて1日を過ごす予定だったことでしょう。

 

八千草薫さん自身も一日の予定を立てられていたかもしれませんね。

 

ところが同日の早朝しばらくしてから容態が急変し午前7時45分帰らぬ人になりました。

 

八千草薫さんは、がんと闘っている最中も再び復帰することに強い意欲を持たれていました。

 

「体調を整えまして、より一層楽しんで頂ける作品に参加出来るよう、帰って参ります。どうかお許し下さいませ」

 

八千草薫さんは88歳という高齢でも、まだまだ女優として伝えたいものがあったのでしょう。

 

とても残念です。

 

看護士の方も医師の方も親しい方々も、八千草薫さんの再起が叶えられなくて、とってもとっても悲しくて悲しくてやりきれないでしょう。

 

ですが八千草薫さん、たくさんの方に見守られて幸せだったと思います。

 

八千草薫さんのことだから、看護士さんにも医師にも親しい方たちにも「いままでたくさんありがとうございました。」と言っているのではないでしょうか。

 

私は、なんとなくですが八千草薫さんは、人生で出会った人に対して精一杯の感謝を伝えることが出来る方ではないかと思っています。

 

スポンサーリンク

八千草薫の告別式やお別れ会の日程を調査してみた!

 

八千草薫さん、お亡くなりになる数時間前まではお話も出来たそうです。

 

告別式は、10月28日に八千草薫さんと親しい関係者などごくわずかな人たちで執り行われたそうです。

 

本人の意向もあって、お別れ会も行わないそうです。

 

例え形式的なお別れ会が開かれなかったとしても、八千草薫さんをしっている世間の人は遠くから感謝と祈りをささげていると思います。

 

八千草薫さんが一生懸命生きた時代に、八千草薫さんに元気を分けてもらった人はたくさんいるでしょう。

 

元気を分けてもらった人たちは、ものすごくものすごく八千草薫さんに心を救われてきたことでしょう。

 

その人たちは、きっと遠くから八千草薫さんの御冥福を祈っていることでしょう。

 

スポンサーリンク

八千草薫の死去に関する世間の声を集めてみました

 

昭和から令和まで多くの人の心にやさしさをわけてくれた八千草薫さん。

 

多くの人が八千草薫さんに温かい言葉をささげていました。

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの世代にわたり八千草薫さんは愛されてきたようですね。

 

とても素晴らしい方だったことが世間の声からも伝わってきます。

 

もうお会いできないことを考えると、とても悲しくなってしまいますね。

 

まとめ

 

八千草薫さんは2019年10月24日、88歳でこの世を去られました。

 

晩年には、御結婚されていた映画監督の谷口千吉さんに2017年に先立たれ、お家ではおひとりの生活をされていたようです。

 

お二人の間には、お子さんもいませんでしたが、世間では仲のいいおしどり夫婦として知られていましたね。

 

八千草薫さんは、天国で谷口千吉さんと思い出話をしているかもしれませんね。

 

八千草薫さんの御冥福をお祈り申し上げます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

Copyright© れんらくちょう , 2019 All Rights Reserved.