山口県田布施町の町長のパワハラ意識は低い?世間の声を調査?

 

6月8日、山口県田布施町が固定資産税の徴収ミスを内部告発した職員を新たに設けた1人だけの部署に異動させたことが報じられましたね。

 

町はこれまでの業務とはまったく異なる業務で内部告発した職員を他の職員と切り離し、事務室とは関係のない畳部屋の畳を外し机を配置し、そこで職員のキャリヤを無視した仕事をさせているとのこと。

 

町長は「パワハラとの認識はない。職員全体がうまく仕事ができるよう考えての配置。段階的に増員する予定もある」と話しているそうだが、町長のパワハラ意識が低すぎるもしくは「ない」と話題になっています。

 

調査してみました。

 

山口県田布施町の町長は誰?

 

山口県田布施町の町長は、「田布施町出身」の東浩二氏です。

 

2018年10月に行われた町長選挙で、無投票当選で選ばれました。

 

1981年(昭和56年)に田布施町の職員となります。

 

徐々に地位をあげ、2015年(平成27年9月)まで副町長を務めていました。

 

東浩二氏は町長当選時以下のようにコメントを出しています。

 

「うれしい反面、町長の責任の重さを実感しました。人口減少などで田布施町が変わる厳しい時代を支え、子育てにやさしいふるさと田布施を次の世代につなげたい」

 

ちなみに東浩二氏の任期は、2018年11月15日から4年間ですので2022年まで町長をされるようです。

 

子育てにやさしいふるさとかぁ~・・・、優しくないような気がしますね。

 

スポンサーリンク

山口県田布施町の内部告発した職員の経緯は?

 

職員は税務課に勤務していた2年前に「相続時の手続きミス」による固定資産税の誤徴収を発見しました。

 

そのことを上司に報告しましたが、対応してくれなかったため町議たちに告発します。

 

告発したことで上層部の人たちが腹をたてたのでしょうか?そこから内部告発した職員に対し嫌がらせ行為が始まったと報じられています。

 

告発をした年度の業務評価は「成果なし」とされ0点?

 

「う~ん・・・ミスを発見したのに成果なしって?意味不明ですね。」

 

また内部告発した職員は「本来あるべき上司との面談もなかった」と発言しています。

 

上司との対話が無かったということは、何故なのでしょうね

 

そしてその年の夏、別の部署へ異動命令が下されます。

 

しかも異動して8か月も立たないうちに、外部の一部事務組合に派遣されたそうです。

 

その後、冒頭でお伝えしました畳の部屋に新しい部署を作ります。

 

一つだけ机を置き、内部告発した職員のみがいる部署が出来上がります。

 

このことに対しある町職員は「この職員を1人にするためにつくった部署と思われても仕方がない。人事権の乱用ではないか」と疑問視しています。

 

他の職員が疑問視しているのだから、変ということですよね。

 

スポンサーリンク

内部告発職員への行為はパワハラか?

 

大手精密機器メーカー「オリンパス」で不正を内部通報した職員を巡る配置転換訴訟において、無効判決を勝ち取った中村雅人弁護士によると。

 

「まさにパワハラ。組織に都合の悪い職員へのいじめだ」と断言されています。

 

第三者が「パワハラ」と断言していることを踏まえれば、どうみても内部告発職員への行為はパワハラと思われてもしかたがありません。

 

ということは町長が認識するパワハラとは、いったいどんな案件なのでしょうか気になりますね。

 

スポンサーリンク

東浩二の認識は?

 

「パワハラとの認識はない。職員全体がうまく仕事ができるよう考えての配置。段階的に増員する予定もある」とのことです。

 

あくまでも私の考えですが、段階的に増員する予定については、今後、内部告発した職員のような人物を異動させ増員させるのかもしれません。

 

きっと税務課の職員の中にも町長や上司と同じ考えを持つ者が大勢いるのでしょう。

 

風通しの悪い職場だということが、今回の内部告発とその後の対応で明確になってきましたね。

 

東浩二氏はパワハラと認識されていないと発言されていますね、今後世論次第で風向きが変わった時の発言が楽しみです。

 

スポンサーリンク

山口県田布施町の町長のパワハラ意識に関して世間の声は?

 

 

 

 

 

 

ネット上の世間の人の意見を調べてみましたが、パワハラと認識している人しかいませんでした。

 

やはり内部告発した職員にしていることは、パワハラですね。

 

まとめ

 

山口県田布施町の町長のパワハラ意識は低い?世間の声を調査?についてお伝えしました。

 

東浩二氏には、子育てにやさしいふるさと田布施の公約を実現してもらいたいところですが、厳しい状況ですね。

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.