次亜塩素酸水の市販のおすすめはどれで電解水?特徴効果使用期限は?

2020/05/21
 
次亜塩素酸水 市販 おすすめ どれ 電解水 特徴 効果 消費期限

次亜塩素酸水とは何なのか?また電解水や混合水の違いが気になります。

 

またその効果や使用期限が、いつまでなのか気になります。

 

調査しまとめてみました。

 

次亜塩素酸水の電解水と混合水とは?

 

電解水は、塩酸もしくは塩化ナトリウム水溶液を電気分解で生成したもの。

 

混合水は、次亜塩素酸ナトリウムと希塩酸を水で希釈混合し、中和を利用して生成したもの。

 

になります。

 

電解水と混合水の違いは、電解水は手軽に大量生成できますが、成分が不安定のため劣化速度が電解水のほうが早いです。

 

また、劣化に関しては希釈混合されている分、混合水のほうが劣化が遅いとされていますね。

 

pH値による違いは?

 

ネット上で次亜塩素酸水を検索すると、200ppm~500ppmと濃度の違う商品があります。

 

濃度が高いほど得と思いがちですが実は、濃度だけでは判断しないことです。

 

なぜなら高濃度の次亜塩素酸水は分離する確率が高く、輸送時の衝撃などで効果が変化してしまう可能性があるからです。

 

特徴や効果と使用期限は?

 

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いが知りたいですね。

 

また効果や消費期限も確認しておきたいです。

 

まとめてみました。

 

次亜塩素酸水の特徴

 

見た目は無色透明でpH値は中性から酸性

 

殺菌と消臭に効果がある。

 

しかもアルコールよりも殺菌や死滅させるウイルスの種類の範囲が広く、除菌力が強いです。

 

メリットは、塩酸もしくは食塩水を電気分解して生成されているため人体への影響が少ない

 

そのため皮膚に使用することが出来ます。

 

厚生労働省においても食品添加物として認可が下りていますね。

 

デメリットは長期保存が出来ないこと、汚れなどが多いと効果がない可能性が高くなるとのことです。

 

使用期限が3か月から半年ほどと短めになっています。

 

商品によって使用期限が違いますので、購入の際に確認が必要ですね。

 

次亜塩素酸ナトリウムの特徴

 

見た目が黄色い感じでpH値はアルカリ性

 

殺菌と漂白に効果がある。

 

特にカビ取りや漂白に活用されています。

 

メリットは強力な殺菌と漂白の効果が期待できます。

 

特に油汚れに適していますね。

 

又カビなどに対しては、強烈な反応をしめします。

 

後使用期限も長めです。

 

物によれば3年間と長期間使用できるものもあるようですね。

 

ただ希釈後は未使用でも遮光容器内1か月と使用期限は短くなります。

 

デメリットは、酸性の液体を混ぜることで、有毒な塩素ガスが発生し死の危険があることですね。

 

「混ぜるな危険」って聞いたことがあると思います。

 

キッチンハイターやハイターには「混ぜるな危険!」の文字が表示されており、約束を守らないと毒ガスが発生します。

 

また皮脂を溶かしますので利用する際は手袋などが必須です。

 

世間では次亜塩素酸水の作り方などもありますが、簡単にいうと次亜塩素酸水もどきが生成されています。

 

なぜなら次亜塩素酸水は電気分解で生成されるからです。

 

次亜塩素酸ナトリウムを中和して出来ている次亜塩素酸水と呼ばれている物は、電解水の次亜塩素酸水ではありません。

 

そのため誤った使用をすると体にダメージが与えらえます。

 

くれぐれも、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムを、一緒の物だという認識をしない事が大切です。

 

次亜塩素酸水の市販のおすすめはコレ!

 

アクトくん

 

 

赤ちゃんから高齢者まで安心安全で人気 おすすめ 除菌消臭スプレーになります。

 

アクトくんの特徴の一つ。

 

微酸性電解水は食品添加物として安全性が確認されているため誤って飲んでしまっても健康被害はありません。

 

まぁ飲用する人は、いないと思います。

 

なにより安心なのは手荒れしないところですね。

 

大容量タイプもありますので、容器さえあればお得ですね。

 

 

 

 

他にも微酸性次亜塩素酸水(微酸性電解水)タイプの商品がありました。

 

 

 

 

 

強酸性水は、うがいにも利用できます。

 

オムツかぶれや、ほ乳瓶の洗浄・ベビー用品の除菌・消臭に使えます。

 

次亜塩素酸水への世間の声まとめ

 

次亜塩素酸水と呼ばれている物でも、偽物や次亜塩素酸ナトリウムを希釈したものもあります。

 

購入の際には注意が必要ですね。

 

 

多くの人が勘違いしているのは名前のせいかもしれませんね。

 

もっと分かりやすい名前なら、いいかもしれません。

 

 

一般に売られている加湿器でも使えるものがありますが、次亜塩素酸水のにおいがついたり、加湿器の寿命が短くなったりします。

 

次亜塩素酸水用に加湿器を用意するのも利用方法の一つですね。

 

 

そうなんです、なかには次亜塩素酸ナトリウムのph調整し、作られている物もあるようです。

 

注意事項は隅々まで確認しないと危険ですね。

 

まとめ

 

簡単に言うと。

 

次亜塩素酸水の電解水タイプは特に、皮膚にも使用出来て除菌・消臭効果がある。

 

また次亜塩素酸水でも混合水タイプは次亜塩素酸ナトリウムが希釈されていることを覚えておきましょう。

 

次亜塩素酸ナトリウムは、人体以外の物などを除菌したり漂白したら、必ず水拭きすることを覚えておきましょう。

 

次亜塩素酸と聞くと、どちらも同じように思えても仕方が無いと思いますが、まったく別物だということを覚えておきましょう。

 

特に初めて知った物は、特に注意事項をじっくり読んで確かめたいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

Copyright© れんらくちょう , 2020 All Rights Reserved.